めだか日記2019 № 5『ベビーラッシュ!』

今水槽の中は大変なことになっています。 めだかのベビーがいっぱい元気に泳いでいますが、なんと!みんな兄弟です・・・ この子達のお母さんは、この一匹・・・今もたまごを抱いています。

めだか日記2019 №4『GWの奇跡!!』

長い連休でしたね・・・ この間めだか達をずっと事務所にほったらかしにしておくわけにもいかず、連れて帰って飼育しました。 連休前には事務所の水槽のジャリを洗い、水草も剪定してGW明けに準備しておきました。 ↓ この水槽です。 GW明けに水槽を見ると何…

平成30年度4回目の事業懇談会を開催しました

今回(2月6日)は、長野県の北西部に位置し、雄大な北アルプスの麓にあるJA大北は、大町市・池田町・松川村・白馬村・小谷村(1市1町3村)で南北120km、東西30kmの細長い地域をエリアとする広域JAです。 12,718人(正組合員7,998人、准組合員4,720人…

平成30年度3回目の事業懇談会を開催しました

今回(1月28日)は、20,535人(平成30年2月末現在)という規模の組合員数を誇る、JAグリーン長野に伺いました。 今回も、機構の事業PRも兼ねて、JAが農業振興、地域振興等の事業推進に際して、課題・問題点を抱えている部分について、機構と…

柿の渋抜きに挑戦しました

職員から渋柿を沢山いただいたので、事務所で渋抜きに挑戦しました。 普段やらない事なので、どうなることやらと思いましたが・・・ まず干し柿づくりです。皮をむきベランダで干します。暖かい日が多くなかなか上手に粉がふきません。 1か月後・・・、色は黒いで…

平成30年度2回目の事業懇談会を開催しました

今回(10月29日)は、約3万人の組合員数を誇る、JA佐久浅間に伺いました。 3市4町にまたがるJA佐久浅間は、県下東の玄関口に位置し、管内面積は1,018km2、人口20万人余です。 耕地の標高は500~1,300mに及び、昼夜の気温差が大きく、青く澄んだ空気と美…

平成30年度1回目の事業懇談会を開催しました

今回(10月22日)は、長野県南部の飯田市を中心に1市3町10村からなるJAみなみ信州に伺いました。 JAみなみ信州管内は、人口約16万人、長野県総面積の約1/7を占め、南北に流れる天竜川、東西にふたつのアルプスに挟まれた、標高400mから1000mの高低…

めだか日記2018 № 3『!?水草が・・・』

月曜の朝、水槽を覘いてみると・・ 水草が・・、水草が・・、食べられている~! 茎だけになっている~! 土日のあいだ腹ペコだったのね。

実りの秋

10月に入り、標高の高い所では紅葉も始まっています。 すっかり秋の雰囲気です。 長野市内の樹園地も、実りの秋を迎えています。 台風の被害も心配されましたが、色づき始めたりんごが収穫の時を待っていました。 大地の恵みに感謝です。

信州エクスターンシップの取り組み

信州エクスターンシップは長野県が主催者となり、首都圏や長野県の大学生を対象に、県内企業で職業体験(企業訪問)を行うとともに、地方での働き方やくらしを体感してもらう取り組みです。受入は一般企業、行政、そしてJAグループとして当機構も参加し、今…

めだか日記2018 №2『ちょうど3ヶ月』

5月21日の誕生から、ちょうど3ヶ月・・・ 40匹くらいふ化したのに、無事成長したのは15匹でした。 最初は目玉しか分からなかったのに、今では10から15mmのしっかりした ❝めだか❞ の姿になりました。 ほとんどが白めだかですが、中には黒や薄いオレン…

八ヶ岳の風に吹かれて

次期中期計画策定に向けた組合員アンケート調査の結果報告のため、JA長野八ヶ岳に行ってきました。 JAの満足度を上げるためには、どのような取り組みが必要なのか。また、「組合員から必要とされるJA」になるために必要な取り組みを探るため、NPS(事業推奨…

馬産地日高

6月初旬、北海道日高地域を訪れました。 日高では畜産(馬、肉牛、酪農)のほか、冬の積雪が少ないことを活かした施設野菜の栽培も盛んです。トマトや花卉、最近ではピーマン、ミニトマト、夏イチゴの生産も増えています。 ところが、今年の冬は大雪に見舞わ…

めだか日記 2018 No.1 『 誕生 』

開発機構のめだがも3代になり、だんだん数が少なくなってしまいました。 そこで、ある機構職員に布袋草についた新しい卵を持ってきてもらい、5月21日に水槽に投入しました。 すると翌日・・・なんと! 1ミリ未満のめだかが5~6匹ほど、生まれているじ…

三陸海岸への旅

GWの休暇を利用して、岩手県の三陸海岸へ旅行に行ってきました。 気仙沼市で訪れたリアス・アーク美術館では、大震災の記録として、写真や被災物が展示してありました。家や車、石油タンクがハンカチを丸めたように潰れているのをみると、津波が巨大な力で…

平成30年度 信州大学ものづくり振興会 総会・記念講演会

平成30年度 信州大学ものづくり振興会 総会・記念講演会が開催されました。 信州大学ものづくり振興会は、地域の科学技術と産業の発展を目指し、大学・企業・自治体が密接な産学官連携を行う事を目的とした組織です。参画団体は機械、電気、情報機器、ソフト…

春の訪れを感じさせる満開のさくら

長野県の伊那市にある高遠城址公園の高遠コヒガンザクラは天下第一の桜とも呼ばれ、小さく色濃い美しい花を咲かせます。場内のさくらはちょうど満開で、肌寒い一日にも関わらず多くの花見客が訪れていました。トップシーズンの高遠城址公園は360度、どこを見…

第3回 南信州農業地域活性化ビジョン実行委員会が開催される

JAみなみ信州では、10年後のリニア新幹線開通に向けて「リニアを生かす南信州の将来ビジョン」を策定して、「農と食を守り・育み・固有の文化に磨きをかけて、住んでよい・訪れてよい南信州を創る」ことに取り組んでいます。 このビジョンを実現するため、…

平成29年度4回目の事業懇談会を開催しました

今回(2月14日)は、65,965人という県下最大規模の組合員数(内正組合員33,809人、准組合員32,156人)を誇る、JAながのに伺いました。 先月末のJA長野八ヶ岳に引き続き、機構の事業PRも兼ねて、JAが農業振興、地域振興等の事業…

事業懇談会を開催しました

当開発機構は数年前から、地区別にJAを選択して、機構の事業PRも兼ねて、JAが農業振興、地域振興等の事業推進に際して、課題・問題点を抱えている部分について、機構としてどのように支援できるのかどうかを検討するという趣旨で事業懇談会を開催して…

JA紀南・梅部会への調査

JC総研主催の「マーケットインに対応した生産部会のあり方に関する研究会」として、和歌山県のJA紀南梅部会の取り組みを調査してきました。JA紀南は梅の大産地で、全国の梅生産量のうち約28%を占めています。 梅の生産・販売の取り組みについては、り…

平成30年! あけましておめでとうございます

戌年の今年、 開発機構も元気に走り回って、みなさまのお役に立てますように! 今年もよろしくお願い申し上げます。

信州エクスターンシップの活動報告

2016年から「信州エクスターンシップ」という取り組みに参加しています。 エクスターンシップとは一言でいうと、地方滞在型のインターンシップのことです。 おもに首都圏に通う大学生を対象に、長野市にある企業や市役所・県庁などでインターンを受け入れ、…

全農協労連甲信越地本第9回学習交流会が開催される

全農協労連・甲信越地本の学習交流会が11月18日~19日の日程が開催され、基調講演として「農業・農協改革下における JAグループの総合性発揮への期待と課題」と題して、専門農協(しかも競走馬が対象という珍しい農協です)の職員であった時の経験を中心に…

第1回 南信州農業地域活性化ビジョン実行委員会が開催される

JAみなみ信州は、10年後のリニア新幹線開通に向けて「リニアを生かす南信州の将来ビジョン」を昨年度策定しました。 全体目標「農と食を守り・育み・固有の文化に磨きをかけて、住んでよい・訪れてよい南信州を創る」 重点項目 ①市田柿や果物等の特産品の…

機構の癒し上手たち

機構の事務所を入るとすぐ左側に【めだか】の水槽があります。 3年前に事務所で卵から孵化して、現在は3代目になります。 下の写真の大きい子は去年生まれで、他に3匹いるのが今年孵化した子たちです。 わかるかなぁ? 機構にお立ち寄りの際は、ぜひ実物…

機構に扉が開きました!

「開発機構は、いったい何をやっているの?」 といった皆さまに、 もっと機構のことを知っていただくためにブログという扉を開けてみました。 こんなことしてます・・・ あんなこと考えてます・・・ プライベートは・・・ 機構の扉を開けて、中を覗いてみま…