平成30年度2回目の事業懇談会を開催しました

今回(10月29日)は、約3万人の組合員数を誇る、JA佐久浅間に伺いました。

f:id:ird:20181101095056j:plain

3市4町にまたがるJA佐久浅間は、県下東の玄関口に位置し、管内面積は1,018km2、人口20万人余です。 耕地の標高は500~1,300mに及び、昼夜の気温差が大きく、青く澄んだ空気と美しい豊かな自然に囲まれ、北に浅間山、南は八ヶ岳の高峰が連なり、東は妙義荒船佐久高原国定公園、西には蓼科山を望みます。南北を貫流する千曲川は、その豊富な水量により肥沃な耕地を形成し、この恵まれた自然環境・気候・立地条件を生かし、野菜を中心として米穀・果樹・花き・きのこ・畜産などの生鮮農畜産物の総合供給産地として、全国市場からも注目を集めています。

f:id:ird:20181101095124j:plain


先週のJAみなみ信州に引き続き、機構の事業PRも兼ねて、JAが農業振興、地域振興等の事業推進に際して、課題・問題点を抱えている部分について、機構としてどのように支援できるのかどうかを検討するという趣旨で事業懇談会を開催いたしました。 

f:id:ird:20181101095204j:plain

JA佐久浅間の浅沼代表理事組合長、土屋代表理事副組合長を始め常勤役員、幹部職員にご出席いただきまして、当機構の重点的な事業・取り組み内容について報告・説明を行い、意見交換をしました。

 f:id:ird:20181101095228j:plain

 

 幹部職員からは、以下のような要望事項がありました。 

f:id:ird:20181101095328j:plain

① ヨーグルト工場整備計画に向けて、商品開発とマーケティングについてサポートをお願いしたい。
② アンケート分析結果に基づく、その先にある実践的な経営面のコンサルティング機能を期待する。
③ 人材の確保については、外国人労働力を含む多面的な確保、派遣をお願いしたい。

 

当機構としても、研究テーマとして取り上げる所存です。

f:id:ird:20181101095448j:plain

  

f:id:ird:20181101095504j:plain

 

事業懇談会第一部に引続いて、第二部会場の「和食屋 あい膳」に席を移し、より活発な意見交換がされ大変有意義な懇談会ができました。
浅沼代表理事組合長並びに常勤役職員の皆様、お忙しい折、お時間をいただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。